iPadproで作成したデータをデスクトップアプリと共有できなくなった時の解決法をまとめました。Adobe製品のAIやPSDといったデータを共有するにはクリエイティブクラウドを通してデスクトップアプリに繋げる以外取り出す手段はありません。

まず試したいこと。

・電波環境を見直す。

インターネットに繋がっているか確認します。

・1時間ほど待つ

時間を置いてデータが届く場合もあります。

・クリエイティブクラウドを確認する。

クリエイティブクラウドアプリ→アセット→ファイルを開いて同期がONになっているかを確認します。

この状態↓になっていれば同期されています。

・ログアウトとログインをする

クリエイティブクラウド右上の人物アイコンをクリック→ログアウト→ログインをします。

・再起動をかける

再起動をかけて様子を見ます。

・デスクトップアプリを起動させた状態で送信する。

イラストレーターやフォトショップを起動させてからiPadproからデスクトップアプリに送信します。

今までふつうに使えていたのに上記を行っても解決されない場合、OSかAdobe製品に異常が起きていると思われます。

クリエイティブクラウドが破損している場合

デスクトップ上で「クリエイティブクラウドが破損している」と警告が出る。

クリエイティブクラウドが再起動を繰り返す。

といった場合以下の手順を試してください。

以前のバージョンを含むすべての Adobe アプリケーションを削除し Creative Cloud アプリケーションを再インストールする(Windows 7)

長くて小難しそうですがやってみるとすぐできますので焦らずやってみて下さい。

また、デスクトップアプリを全て消してもデスクトップに保存したAdobe製品のデータやファイルは消えません。

それでも心配な方はバックアップをとっておきましょう。

上記を試しても解決されない場合はOSに問題がある可能性が高いです。

予防策

・作成したデータはなるだけレイヤーを少なくして容量を減らしてからデスクトップアプリに送信する。

画像データや特にiPadproで撮影した写真はデータが大きいので要注意が必要です。

クリエイティブクラウドはストレージ容量が大きくないと思われますのでそれが破損の原因になると思われます。