こんにちは。今回は任意のグレースケール部分を黒インキのみで印刷する方法をご紹介致します。

スポンサーリンク





任意の場所をグレースケールにしたい場合、私達はイメージ→色調補正から明度バーや彩度バー等を使って画面上で白黒にします。

このやり方は印刷しないデータの場合は問題が無いのですが、印刷物となりますとグレースケールにしたつもりだった場所にCMYインクが入っています。パソコンの画面はあくまでRGBのプレビュー画面なので白黒に見えていても実際のフォトショップのデータには他のカラーインキ情報が混ざっているのです。これでは思ったとおりの効果が得られませんし印刷代が高くつく可能性もあります。

そこで、今回は任意の白黒の場所を黒インキのみで印刷する方法をご紹介致します。とても簡単ですよ。gy

画像を用意します。

今回は夏が待ち遠しいなということでこのひまわりちゃんの画像にしました。フリー画像提供はいつもの写真ACさんからひっぱってきました。いつもありがとうございます。まずはこのRGb画像を印刷用にイメージ→モード→CMYKカラーに変更します。

cb29243ac4004c9f7214b255d584ccab_s

この空の部分を黒インキのみで印刷できるグレースケール画像に変更していきたいと思います。

任意の部分を選択します

空を選択ツールで選択します。

無題

全て選択し終えたら編集→コピーをします。まだ選択は解除しません。

チャンネルパレットで作業する

次にウインドウ→チャンネルを呼び出します。

キャプチャ

こんなパレットが出てきますので、このパレットの一番下にあるK(ブラックインキ)をポチッと選択します。すると

1

現在のブラックインキの領域が画面にプレビューされます。ここに先ほどコピーした空を編集→ペーストで貼り付けます。

u

空が黒インキ領域に移されたことで純粋な黒インキのみのグレースケールができました。後はCMYカラーの空カラー情報をすべて消してあげましょう。イエローを選択→deleteキー、マゼンタを選択→deleteキー、シアンを選択→deleteキーです。

cb29243ac4004c9f7214b255d584ccab_s

全てできましたらshift+Dで選択解除します。

最終チェック

他のカラーが混ざっていないか最終確認をする為にウインドウ→情報パレットを開きます。グレースケール部分をスキャンしてください。CMY値0% K値は数値が確認できました。黒インキのみで作れるグレースケール画像になっていることが確認できました。

無題

これで黒インキのみで印刷できるグレースケール画像が完成です。お家でのコピーや印刷所に出す時などいろいろな場面で活用してくださいませ。以上です。