こんにちは。最近は板タブでのイラスト作成の作業の中でもドローイング(線画・デザイン)作業の煩わしさにウンザリしておりました。

そういった方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

Wacom及び中華系の液タブを検討していたところ、コスパ・デバイスともにiPadproにアップルペンシルの組み合わせが性能・ソフト面でも最適という考えに至り、導入しました。

描き心地は紙に描いているのとほぼ変わらず、デザイン系アプリも豊富かつ有能でした。

APPLEにして大正解だったと思います。

そこで今回はiPadproにアップルペンシルの中でも特筆すべき優れたドローイング性能についてご紹介できればと思っております。

aipattudo

アップルペンシルで作成したドローイングイラスト

お正月に作ったので2017年は酉年ということでメカバードにしてみました。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

尊敬する作家さんの猫耳メカ少女を自分なりに改造して鳥さんにしました。

紙に描いたような表情が出ているでしょうか。

描き心地

ドローイング動画

様子を掴んで頂ければと思います。

ペン入れが遅いですがこれはアップルペンシルでのペン入れに不慣れの為で、性能には関係ありません。この性能であれば慣れれば確実にもっと早くペン入れができます。

原寸大画像の部分トリミング

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

シャーペンで陰影をつけるさい、本物の紙に鉛筆で描いているのと同じ表情が出ているのが確認できるでしょうか。APPLEさんすごい。

作業時間

紙に描いているのとなんら変わらぬ描き心地で板タブの頃に比べて作業時間も大幅に短縮できました。

ドローイング作業に最適

デザイン系の方にはもってこいだと思います。ペイント系で雰囲気重視であれば板タブでもそれほど問題ないと思います。

身体的負担の軽減

姿勢を自由に変えて描く事ができるのでデスクワークの方の腰痛対策などにも良いと思います。

マウスを一切使いませんので腱鞘炎などの予防にも良いと思います。

ただ、作業台は45°位の角度の付けられるデザイン机が良いと思います。真下を向いて作業し続けると肩や首に負担がかかりますからね。

デバイスの持ち運びの自由さ

自由に持ち運びができるので場所も時間も問いません。

無制限なので自分の限界に挑戦してみてください。

アプリについて

アプリはパソコンでいうクリスぺなどのお絵かきソフトみたいなものです。

今回は人間の作る不確定要素の強いイラストを作りたかったのでprocreateを使用しました。見ての通りの高性能でした。

コンセプトのようなイラストレーターのようなベクターを扱うアプリもありかなり種類があります。

ただ、コンセプトの場合はイラストレーターのようなデザイン性能は望め無さそうで残念です。

買い切りで安いし経済的だと思います。

今まではクリップスタジオのドローイング描画力に一目置いておりましたが、もうクリスぺに拘る必要も無いと思いました。

クリスぺに関してはこれからはアニメ制作ソフト等の機能を重宝していくと思います。

最終の調整にPhotoshopは必須なのでアドビ製品は必要だと思いますが、イラストレーターに関しては直観的に作業のできるベクターアプリを使いこなせれば乗り換えたいと思います。

まとめ

私としてはiPadproとアップルペンシルの性能およびソフト面、お絵かきアプリに関してもここまで圧倒的なデバイスだとは思っておりませんでしたので驚いています。

この様子だと将来的にイラスト作成はデバイスとソフト両面ともAPPLEに持っていかれるのではないでしょうか。