今日は版画風のイラストがイラストレーターとフォトショップを使ってとても簡単に作れる方法をご紹介します。今回、一から作品を仕上げてますが向いている素材であればイラストレーターでのちょっとした加工とフォトショップの編集で簡単に作成できます。

なすとま

版画にしたい画像を準備

まずは線画を用意します。私は今回トマトと茄子の写真をグーグル先生からひっぱってきてこんなかんじかな♪ってふうで作りました。←イラストのかんたんな描き方も次回アップ予定です。線画であればなんでもオッケーです。

なすとま

横に貼りつける判子を用意

判子は簡単に作れるので作ってみましょう。

文字入れ

まず入れる文字を用意します。今回はカタカナと漢字2種類の3パターン作成。とりあえず可愛くしたいのでカタカナにしたのと、漢字はイケメン感が出るのでこの3種類を。文字の大きさは35ptくらい。

4

枠の作成

次に枠を付けます。カタカナの枠は字を自由に構成したいので分けて作ります。

54

字の構成

ここで字を黒矢印でポチッと選択して、

書式→アウトラインを作成→グループ解除

これで字をバラバラに取り扱うことができるようになったと思います。後は枠の中で自由に字を構成します。字を枠の左右上下にくっつけたり近づけるとなんとなく判子らしくなります。

6

仕上げに効果を使って判子らしく

効果→パスの変形→ラフをかけます。版画に載せる判子なので彫り口が尖ったニュアンスのほうが雰囲気出ると思います。 色を赤にして判子の完成です。

4

これは別レイヤーで保存しておきます。ロックをかけておいてください。

イラストを版画に

線画に戻って、線を太くします。今回は線・6ptで作成。

なすとま

線に色を付ける

トマトの中の4本線を白に残りの線はトマトは赤色茄子は青色にします。下記は今回付けた配色。

トマト C21 M92 Y82 K0 茄子C85 M78 Y0 K0

なすとま

ライブペイントを掛ける

・黒矢印でトマトも茄子もぐるっと選択→オブジェクト→ライブペイント→作成

キャプチャ←左側にあるツールボックスの中にあります。初期設定のままなら上から9個目です。これをポチッとしてトマトや茄子の上にカーソルを合わせると指定範囲が赤くなると思います。そこに色を流し込みます。とても便利です。

今回2色刷りと3色刷りを作成しました。2色刷りの色は先に記述した通り。3色刷りの緑色の部分はC45M0Y86K0で作成しています。

なすとま

別レイヤーに保存してあった判子をカットorコピーしてペーストし、判子を入れて下絵の完成。

なすとま

版画効果を入れる

版画らしいテクスチャを入れます。別レイヤーで線をshiftキーをおしながら引きます。今回は40pt、w160、色は白で作成。

gy

次に黒矢印で全選択状態を保った状態でブラシ機能のチョークを適用します。すると下の画像のようになります。

e

黒矢印で全選択状態を保ったままで・・・

オブジェクト→アピアランスを分割→グループ解除→オブジェクト→変形→個別に変形

klmkl

選択を保った状態でいいかんじになるまで個別に変形を繰り返す。この白い部分が版画の擦れた感じを出します。

キャプチャ

このバラバラになったチョークの粉の使えそうなところを黒矢印で選択してさっきのイラストの上に置きます。版画の刷れをイメージしてください。

なすとま

フォトショップで仕上げ

フォトショに持ち込んでフィルターを加えます。

photoshop型式で書き出ししたファイルをフォトショで開きます。

kiki

フィルター→ブラシストローク→はね

スプレー範囲 13 滑らかさは一番右端で作成。

dfxfv

まだまだアウトラインがなめらかなのでここで

フィルター→変形→波形

正弦波がいいと思います。

なすとま

もう1手間加えて、フィルター→ブラシストローク→ストローク(スプレー)でより刷れた感じを出してもいいです。

hhh

3色刷りです。これで完成です。

なすとま

クマのキャラクターで版画っぽく

イラストフリー素材のぴよたそからダウンロードした画像で試しに作成。ちなみにイラスト提供者は私ですw

あかちゃんひよこ

先ほどのフォトショップで同じように加工するとこんな感じになりました。白い面積が多いのでわかりにくいですが版画っぽさ出てますよね?w

版画あかちゃんひよこ

というわけで版画っぽいイラストの作成方法を紹介しました。やってみるととてもカンタンなのでぜひ版画風イラストにチャレンジしてみてくださいね。