illustratorでイラストを作るならiPadアプリadobedrawがおすすめ。

illustratorでweb向けのベクターイラストを作るならadobedrawを使うとても便利です。
ベジエ曲線で描くよりもさまざまな表情が出て魅力もアップします。
illustratordrawで部品をつくってillustratorにオブジェクト登録をして組み立てるといったweb向きのイラスト制作の作業がスムーズに行えます。

制作物

adobedrawとillustratorを使った制作物の一覧。部品を作ってキャラクターを制作するときに便利。

ここでデータを作ってしまえば例えば漫画だって簡単に作成できる。

制作手順

❶まずadobedrawでデータを作成。複数のパーツを作る。

❷illustratorにadobedrawで作ったオブジェクトを登録してから組み立てる。これで完成

評価

メリット

・illustratorとの圧倒的な互換性の良さ。
illustratordrawのレイヤーが保持されたままillustratorに移行できる
これはつまり個色レイヤー影レイヤー光レイヤーといった分けて描いたものをそのままの状態でPC上で扱えるのでオーバーレイなどのレイヤー効果を使った表現も簡単に自由に行える。作業が捗るね。
消しゴムを使ってベクターを編集できるのでベクターをクリエイティブに扱えるのだ。

デメリット

ペンにやや遅延がある
描き心地も補正ゼロにならない。
ただ、これは逆に言うとメリットともいえる。
なぜならWebは数式の世界だ。補正をきかせた整列の正しい数字的なデジタルに適した表現ともいえるのだ
補正がきいてWeb向きのイラスト作成ができるメリットとも言えるだろう。

まとめ

illustratorを使ってイラストを制作するなら断然adobe drawでのデータ作成がおすすめできる。
Web向きの補正の効たイラストの作成に向いているだろう。

お絵かき情報